Bluetoothスピーカー

Amazon Echo Show5 をBluetoothスピーカーとして使う方法。【画像付き解説】

スマートスピーカーのあまり知られていない使い方を紹介します。

Amazon Echo(アレクサ)やGoogle Homeなどは「外部スピーカー」として使うことができます。

 

外部として使えるのは、専用のBluetoothスピーカーだけと思っていませんか?

スマートスピーカー(Amazon Echo など)もBluetoothスピーカーとして使えます。

  • AIスピーカーとして
  • PCやスマートフォンの外部スピーカーとして

2通りの使い方ができます。

 

こんな方に

  • アレクサやGoogleホームを持っているけど、あまり使い道がない
  • スマートフォンで音楽を聴いている
  • Bluetoothスピーカー(ワイヤレススピーカー)を持っていない

 

そんな方におすすめの使い方です。

 

接続方法

接続方法は簡単です。

使いたいデバイス(スマートフォンやパソコン)とスマートスピーカーをブルートゥースでペアリング(接続)するだけ。

スピーカー側のペアリングは音声で設定することができます。

 

ペアリングって、どうやるの?
ぶっちゃん
 

   

設定方法(iPhone8とEcho Show 5)

iPhone8とEcho Show 5 をペアリングする

 

手持ちのスマホを家のアレクサとペアリングしてみます。

手順は

  1. スマホ側の設定でBluetoothをオンにする
  2. 「アレクサ、ペアリングして」と声をかける
  3. スマホから接続先を選択する

 

実際にやってみます。

 

① スマートフォン側でBluetoothの設定をオンにする

iPhone8の「Bluetooth」をオン。

 

② 「アレクサ、ペアリングして」と言う

 

「アレクサ、ペアリングして」と声をかけると「検出中です」と答えが返ってきます。

その状態でスマホのBluetooth設定を開くと、画面下「その他のデバイス」の欄に新たなデバイス名(ここではEcho Show 5)が出現します

画面下に「Echo Show 5-0G8」と表示された

 

デバイス名をタップするとペアリングが完了。

ペアリング完了。

アレクサは「○○さんのiPhoneに接続しました」と言います。

 

これでペアリング完了です。

 

androidはペアリングモードにしてから接続

iPhone8とのペアリングでは、Bluetoothがオンになっていれば勝手に検出してくれました。

 

android端末の場合は、ペアリングモードにしてから接続する必要があります。

スマホ側で「Bluetooth機器の選択」という項目を選びます。

 

 

新しい機種は分かりませんが、ぼくが以前使っていた「AROOWS M3」というandroid端末ではBluetooth機器の検索が必要でした。

 

ペアリング済みの端末と接続

 

ペアリングは1度すればOKです。

2回目以降はアレクサに「スマホとペアリングして」と声をかければ接続してくれます。

 

アレクサが外部スピーカーになった!

割と良い音です。

これで、自宅のスマートスピーカーを「スマホ用の外部スピーカー」として使えるようになりました。

 

ぼくの使い道は

  • Kindleの読み上げ
  • スマホアプリの音声再生(VoicyやRadiotalk)
  • Spotifyプレミアムの音楽再生

など。

他にもアイディア次第で使い道は広がりそうです。

 

メリットとデメリット

スマートスピーカー(AIスピーカー)をBluetoothスピーカー代わりに使う方法には

ちょっとしたメリットと、デメリットがあります。

 

メリット

メリットは、最初にも書いたように

  • Bluetoothスピーカーが要らない
  • スマートスピーカーの使い道が広がる
  • 音が良くなる(スピーカーによる)

などです。

 

デメリット

対してデメリットとしては

  • 持ち運びはできない(有線なので)
  • 他の機能を使うと音声が途切れる
  • 高音質のBluetoothスピーカーにはかなわない

 

終わり

以上、スマートスピーカーを外部スピーカーとして使う方法でした。

 

それでは、よいスマートスピーカーライフを!

-Bluetoothスピーカー

Copyright© スキマ時間で耳からインプット! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.