Bluetoothってなに?

Bluetoothスピーカー

Bluetooth(ブルートゥース)とは?使い方やWi-Fiとの違い

ぶっちゃん

パソコンやスマホの話で「Bluetooth」ってよく出てくるけど、実はよく分かっていないんだよね…

でも、今さら人に聞くのもちょっと…

Bluetoothって一体何なの!?

というギモンにお答えします!


基本知識

名前の由来

Wi-Fiとの違い

実際に使う際に必要なもの

などについての記事です。

そもそもBluetooth(ブルートゥース)とは?

Bluetooth(ブルートゥース)とは「電波の種類」のこと。

難しい言葉でいえば「通信技術の規格」となります。

デジタル機器用の近距離無線通信規格のひとつ。

数mから数十m程度の距離の情報機器間で、電波を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用される。-Wikipediaより-

  • Wi-Fiは「重いデータ」
  • Bluetoothは「軽いデータ」

といった使い分けがされています。

「家の中だけに届く規模」のラジオみたいなもの

「無線」と聞くと、トランシーバーやラジオを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

私たちがラジオを聞くためには、ラジオ局の電波塔(発信装置)とアンテナ(受信装置)が必要ですが、Bluetoothはそれを家の中で完結している。

いわば、「家の中でラジオの発信装置と受信装置がある状態」です。

名前の由来

トゥース(歯)
これはトゥース(歯)です

Bluetoothは直訳すると「青い歯」ですね。電波と関係ない気がしますが、どうしてこんな名前になったのでしょう?

気になったのでWikipediaで調べました。

  • 名付けたのは、エリクソン社の技術者(スウェーデン)
  • ハーラル・ブロタン・ゴームソン(デンマーク王。ノルウェーとデンマークを無血統合しした)は歯に死歯があった。青黒い灰色だったので、それで「青歯王」と呼ばれたことに由来
  • 「乱立する無線通信規格を統合したい」という願いが込められている

「青歯王」ハーラルさんはヨーロッパの歴史で英雄的な存在のようです。

日本で例えるなら、伊達政宗の「眼帯」をロゴにしたようなものでしょうか?(ちょっと違うかもしれないけど)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%AB1%E4%B8%96_(%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%8E%8B)

メモ

Bluetooth のロゴは、北欧の長枝ルーン文字(イェリング墳墓群の石碑に見られる)でハーラル・ブロタンの頭文字の H と B を組み合わせたものに由来するそうです

Bluetoothのロゴマーク

Wi-Fi(ワイファイ)と4つの違い。

「無線通信」といえばWi-Fiが有名ですね。

BluetoothとWi-Fiでは何が違うのでしょう?

違いは大きく分けて4つあります。

Wi-Fiとの違い

  • ネットワークの数
  • 送受信できる距離
  • 通信速度
  • 通信に必要な電力

ネットワークの構成数

Wi-Fiは複数の機器でデータのやり取りができます。会社などで複数のパソコンやプリンター、テレビなどを同時に繋いで通信する、といった「複雑なネットワーク」を構成することが可能です。

それに対してBluetoothは基本的に1対1の通信しかできません。複雑なネットワーク構成には不向きです。

電波が届く距離

  • Wi-Fiの電波が届く距離は、数10~100メートルくらい
  • Bluetoothは数~10メートル

Wi-Fiの方が遠くまで届きます。

通信速度

データを送受信できる速度を比べると

  • Bluetoothが最大で24Mbps
  • Wi-Fiは54~6900Mbps

と、Wi-Fiの方が圧倒的に早いです。

通信に必要な電力

他の3つを比べるとすべてWi-Fiが勝っていますね。

こうなると「Bluetoothなんて要らなくない?」と思われたかもしれません。

しかし、BluetoothにはひとつだけWi-Fiより優れている点があります。

それは通信に使う電力が少ないことです。

Wi-Fiは消費電力が多いので電源が必要ですが、Bluetoothは内臓バッテリーだけでそれなりの時間使用できます。

スマホからスピーカーへデータ送信をするのにWi-Fiを使ったとしたら、スマホの充電の減りが早くなってしまうということですね。

まとめ

それぞれの違いを表にすると以下のようになります。

Wi-FiBluetooth
ネットワーク構成数
複数の通信基本的に1対1
電波が届く距離~100mくらい~10mくらい
通信速度早い遅い
消費電力多い少ない

他にも、電波の安定性はWi-Fiが優れている、プロファイル(通信のルール)はBluetoothは種類が多い、などの違いもあります。

Bluetoothを使ってできることは?

Wi-Fiと比べると容量や速度では劣るものの、消費電力でアドバンテージのあるBluetooth。どんなことに使えるのでしょうか?

大きく分けて、2種類の使い方があります。

デジタル機器の無線操作

マウス、キーボード、ゲームコントローラーなど

特殊な例かもしれませんが、スマホでテキストを打ち込む際に「無線で繋いだキーボードから入力する」なんてことも可能です。(それが便利なのかはさておき)

音楽を聴く

スピーカー、ヘッドホン、イヤホン

どうやって使うの? 何が必要?

Bluetoothを使うために最低限必要なものは2つあります。

  • 親機(パソコンやスマホ)
  • 子機(Bluetoothスピーカーやイヤホンなど)

「発信する機械」と「受信する機械」ですね。

ペアリングとは?

Bluetoothの親機と子機を繋ぐには「ペアリング」という操作が必要になります。

ペアリングは「同期」のこと。

関連
Bluetoothスピーカー とスマホを ペアリングする方法
FLIPの使い方|JBLのBluetoothスピーカーをペアリングする方法【画像有】

続きを見る

-Bluetoothスピーカー
-, , ,

Copyright© スキマ時間で「耳から」インプット! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.