Bluetoothスピーカー

Echo Show 5を外部スピーカーに出力して極上オーディオ!【接続方法や注意点など】

Amazonのスマートスピーカー「Echo Show 5」を外部スピーカーと接続して使う方法を紹介します。

アレクサの音楽を、もっと良い音質で聴きたい人におすすめです。

家のスピーカーとアレクサと繋げたら、もっと音がよくなるのに…

と思ったことがある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

管理人は、自宅の物置に眠っていた、アンプ&スピーカーとAmazon Echoを接続して使うようになってから、サブスクの音楽が、ちょっとリッチなサウンドになりました。

アレクサと外部オーディオと接続するために必要なケーブルや変換についても紹介します。

 

逆パターンの接続、つまり「Echo Show 5自体を(スマホなどの)外部スピーカーとして使用する方法」は、別の記事で紹介しています。

もくじ

Echo Show 5とは


Echo Show 5は、Amazon社から販売されている、5.5インチのタッチスクリーンを備えた「スマートディスプレイ」です。

AI音声アシスタントである「アレクサ」を搭載し、音声でさまざまなタスクを実行できます。

  • 音楽再生
  • ニュースや天気予報を見る
  • タイマー・アラーム
  • ビデオチャット
  • スマートホームの制御

他にもいろんな機能があります。

価格も手頃で、使いやすいスマートディスプレイとして人気の商品です。

Echo Show 5の内蔵スピーカーでは物足りない

Echo Show 5の内蔵スピーカーだけでも音楽再生やポッドキャストが楽しめます。

ただ、内蔵スピーカーの音量は少し物足りない感じがあります。

特に音楽をAmazon Musicを聴くとき、音質に物足りなさを感じていた

ハイレゾ高音質バージョンである「Echo Studio」を買うことも検討しましたが、ちょっと高い。

そこで、自宅の押し入れにホコリをかぶって眠っていた、DENONのコンポと接続してみたら、かなり音が良くなったのです。

Echo Show 5 を外部スピーカーと接続するメリット

外部スピーカーとアレクサを接続するメリットは、なんといっても音が良くなることです。

わたし(筆者)はEcho Show 5を愛用しています。以前の機種「Echo Spot」や旧型(第1世代)の「Echo Dot」と比べて、音質は上がっていると思います。それでも、やはり「スピーカー付きディスプレイ」的な印象は拭えません。(個人の感想です)

それが、据え置きの外部スピーカーと接続することで、より高音質に音楽を楽しむことができるようになりました。

アレクサと外部スピーカーを接続するのに必要なもの

アレクサを外部と接続するために、必要な機器は以下です。

  • アレクサ端末(Echoスタンダードタイプ、Echo Show 5、Echo Dotなど)
  • 外部スピーカー(古いスピーカーでもOK)
  • アンプ(必要ないスピーカーもあります)
  • 接続ケーブル
  • 変換プラグ(端子が違う場合)

入力は3.5mm ピンジャック

アレクサ端末(Echo Show 5など)の裏側にある「外部出力」→スピーカー側の「入力」へと接続します。

アレクサ側の出力端子は3.5mmのピンジャック。これは一般的なイヤホンやヘッドホンと同様の端子です。

スピーカー側の入力端子は機器によって違います。最も一般的なのは「RCAプラグ」と呼ばれる、赤と白に分かれたケーブルです。

適切なケーブルを用意して、端末同士を接続すればOKです。

ケーブル、もしくは変換プラグが必要

Amazon Echoと外部スピーカーを接続するには、適切なケーブルが必要になります。

アレクサ側はのジャックと、アンプ側の入力端子が同じなら、両側が3.5mmのケーブル

アンプ側がステレオミニプラグ(いわゆる赤白プラグ)ならこちら。↓

もし両側が赤白のピンプラグの場合は、「変換プラグ」を使います。

音はよくなる?

Echo Show 5本体と比べると、据え置きスピーカーにして音質は良くなったと感じています。

感じ方には個人差がありますが、大きいスピーカーを使えば違いは明らかにわかります。

Echo Show 5の仕様と機能の概要

「Echo Show 5」は他のアレクサ端末(DotやEcho)と同じく、3.5mmのピンジャックの出力端子がついています。

外部スピーカーに接続するには、こちらを使うか、Bluetoothでの無線接続するかの2通りの方法があります。

Bluetoothスピーカーの選び方と注意点

ステレオ装置を使わずとも高音質を実現する方法として、Bluetoothスピーカーと接続するやり方もあります。

Bluetoothスピーカーにも高音質な機種は多数発売されており、Echo本体で聴くより音質がアップする場合もあります。

接続もケーブルを使わずに無線で、かつ「音声で指示」できるので便利です。

ただ、Bluetoothスピーカーの場合は、中途半端な機種を使っても、それほどの音質アップの効果は期待できないかもしれません。

Bluetoothスピーカーの接続手順

Echo Show 5 に Bluetooth スピーカーを接続するには、次の手順に従います。

  1. Echo Show 5 のホーム画面で、[設定]>[デバイス]>[Bluetooth] を選択します。
  2. [Bluetooth デバイスのペアリング] を選択します。
  3. Bluetooth スピーカーをオンにして、ペアリングモードにします。
  4. Echo Show 5 でスピーカーの名前を選択します。
  5. Echo Show 5 がスピーカーに接続されると、音楽を再生できるようになります。

Echo Show5をもっと便利に使うためのヒント

その他にもEcho Show 5 を便利に楽しく使う方法があります。

  • Echo Show 5 に複数の Bluetooth スピーカーを接続することもできます。
  • 1 つの Bluetooth スピーカーを複数の Echo Show 5 に接続することもできます。
  • Echo Show 5 から Bluetooth スピーカーを切断するには、[設定]>[デバイス]>[Bluetooth] に移動し、スピーカーの名前を選択して、[デバイスの解除] を選択します。

Echo Show 5の設定画面へのアクセス方法

Echo Show 5の設定画面にアクセスするには、次のいずれかの手順を実行します。

  • 画面の上部から下にスワイプします。
  • 「設定に移動して」と言う。
  • 右上隅にある3つのドットのアイコンをタップします。

上記の方法で設定画面が表示されます。

この画面から、デバイスの設定、Wi-Fiネットワークの管理、スマートホームデバイスの制御、Alexaの設定など、さまざまなタスクを実行できます。

今回の場合は、[設定]>[デバイス]>[Bluetooth] という順番です。

Bluetoothスピーカーとのペアリング手順の詳細解説

Bluetoothスピーカーをペアリングモードにする方法は、だいたいどの機種も同じです。

スピーカーの電源を入れ、スピーカー側のBluetoothボタンを押す、または押し続けると「ペアリングモード」に移行します。

ペアリングモードの間にアレクサ(Echo Show 5などの本体)側の設定からBluetoothスピーカーに接続できます。

Echo Show 5 に接続された Bluetooth スピーカーから音が出ない場合は、次の手順を試してください。

  1. Echo Show 5 とスピーカーの電源を入れ直す
  2. Echo Show 5 の Bluetooth 設定でスピーカーを再ペアリング
  3. Echo Show 5 とスピーカーの距離を確認(数メートル以内だと確実)
  4. 壁や家具などの障害物を取り除く

とりあえず再起動すれば、たぶんだいたい解決します。

まとめ アレクサと外部スピーカーと接続して、さらにリッチな音楽を楽しもう

Echo Show 5 に Bluetooth スピーカーを接続するのは簡単です。音楽をより良い音質で楽しみたい方は試してみてください!

-Bluetoothスピーカー