ツール

【Kindle以外もOK】あらゆるネット記事を読み上げる方法【noteやブログ】

更新日:

 

androidスマホのTalkBack(トークバック)

本来は視覚障害を持つ人のためのアプリですが、電子書籍の読み上げにも使える、とても便利な機能です。

 

ですが、ひとつ難点があります。

 

Kindle以外のブログやnoteだと、読み上げが途中で止まっちゃうんだ
ぺんちゃん

 

この悩みを解決します。

このページで紹介する方法を使えば、あらゆるテキストコンテンツを読み上げ機能で「耳から聴く」ことが可能になります。

 

Kindle以外のコンテンツ

  • ブログ記事
  • noteの記事
  • ネットニュース
  • 5ちゃんねるなどの掲示板

  

この方法でインプット量が増えるのは間違いないです。

 

ちなみにKindleの読み上げは、TalkBackより断然「FIREタブレット」が使いやすいです。

管理人の個人ブログの記事です。

 

noteやブログ記事のテキストを「途切れずに」読み上げる方法とは?

 

ブログやnoteの記事を途切れさせずにTalkBack機能で読み上げる方法。

それは「テキストをKindleに送信して表示させる」という方法です。これでどんな文章でも通し読みしてくれます。

ぶっちゃん
え~、わざわざKindleに? けっこう面倒くさいね

あ、皮肉屋のぶっちゃん
ぺんちゃん

 

確かに少し手間はかかりますが、読みたいテキストがすべて「耳から」聴けるので、やる価値はあると思います。

 

読みたいコンテンツをまとめておいて、後で一括して送信してしまえば手間を短縮することができます。

 

ニュース記事などの短い文章には不向きですが、noteやホームページ上で全文公開している本を読むときに威力を発揮します。

あわせて読みたい
no image
【無料で読める】全文公開している書籍まとめ

  ネット上に無料で読める本なんてあるの!?はし君うむ。「全文公開」がブームじゃな。本の数も増えてきとるから、それを読むだけでも勉強になるのう どのサイトで、どんな本が読めるのか教えて!

続きを見る

ネット上のテキストをKindleで表示させる手順

 

任意のテキストをkindleに表示させるまでの方法を順番に説明していきます。

 

読み上げたいページを表示する

まずは読み上げたいページを表示させます。

ここではサンプルとして、「新R25」に全文掲載されている、西野亮廣さんの『新世界』を使ってみます。

ちなみに文字数は78200字!

テキストをメモ帳などにコピペする

ひとまずは表示されているテキストをすべて選択してコピー、メモ帳などに貼り付けます。

すべて選択してコピー

ショートカットキー


すべて選択するにはキーボードのショートカットキーを使うと便利です。

Windowsなら「Ctrlキー」+「A」
Macなら「Commondキー」+「A」

ちなみにコピーは「Ctrlキー」+「C」
貼り付けは「Ctrlキー」+「V」です

 

テキスト貼り付け
メモ帳に貼り付けます

 

余計な部分を削除する

 

続いて、貼り付けたテキストから余計な部分を削除して、読み上げてほしい部分だけを残します。

「すべて選択」コマンドでは、広告などもまとめてコピーされてしまうので、不要な個所は貼り付けた後で削除していきます。

もくじや注釈などは、お好みで消しても残してもOKです。

余計な部分を削除、ファイルのタイトルを書名(この場合は『新世界』)に変更
余計な部分を削除します

 

ちなみに、このとき保存したテキストファイルのタイトル(表題)がそのままKindleのライブラリに表示されるので、タイトルを書名に変更しておくと後で検索しやすいです。

 

不要な個所を削除したら、メモ帳を保存します。

まだ完了ではありません。ここまでで前半です。

 

 

Send-to-Kindle Eメール機能の使い方

 

ここから後半になります。テキストをKindleに送信する方法を説明していきます。

kindleには「Send-to-Kindle Eメール」という機能があり、読みたいファイル(txtやpdf)を送信すればKindleの端末で表示できるようになります。


Kindleパーソナル・ドキュメントサービスは、お使いのAmazonアカウントに登録されたFireタブレット、Kindle端末、対応するKindle無料アプリに、対応するファイルを無料で直接送信いただけるサービスです。 アカウントに登録されているEメールアドレスからご利用いただけます。

Amazon.co.jp ヘルプ

 

手順を説明していきます。

 

Amazonにログイン、「アカウント&リスト」を選択

Amazonにログインして、右上の「アカウント&リスト」という項目をクリックします。
Amazonにログインして、「アカウント&リスト」をクリック

 

まずはAmazonにログインして、トップ画面から「アカウント&リスト」を選びます(オレンジ色のマルの項目です)

 

「コンテンツと端末の管理」を選択

 

メニュー項目の中から「コンテンツと端末の管理」をクリックします。
メニュー項目の中から「コンテンツと端末の管理」をクリック

 

次に、メニュー項目の中から「コンテンツと端末の管理」を選んでください。

 

メールアドレスをコピー

 

「端末」の中から使用する端末を選ぶと、メールアドレスが表示されます。
端末を選び、表示されたメールアドレスをコピーしてください。

  

上の画像の順番で、

① メニューの左から2番目「端末」を選び、

② 使用する端末を選択すると、

③ 下部にメールアドレスが表示されます。

このアドレス宛にテキストを送信するので、アドレスをコピーしてください。

 

ポイント

Send-to-Kindle Eメール機能は、端末ごとメールアドレスが用意されています。たくさんあってどの端末を使用しているのか分からない場合は、ひとつずつ送信してみてください。

テキスト添付してメール送信

先ほどのメールアドレス宛に、前半で用意したテキストファイル(本の全文)を添付して送信します
ファイルを添付して、先ほど保存したアドレス宛に送信します

 

先ほどのメールアドレス宛に、前半で用意したテキストファイル(本の全文)を添付して送信します。

Kindleで確認!

 

送信が成功していれば、選んだ端末に文書が表示されます。

スマホのKindleに送信成功!

 

あとはダウンロードして読むだけです。(上の画像はダウンロード後の画面)

 

表示できるファイルタイプは?

Kindleが対応しているのは以下のファイルです。

  • Kindle形式(.MOBI、.AZW)
  • Microsoft Word(.DOC、.DOCX)
  • HTML(.HTML、.HTM)
  • RTF(.RTF)
  • Text(.TXT)
  • JPEG(.JPEG、.JPG)
  • GIF(.GIF)
  • PNG(.PNG)
  • BMP(.BMP)
  • PDF(PDF)

 

あとは読むだけ!

はし君
これであとは読むだけじゃな
最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぺんちゃん
ぶっちゃん
またね~

 

それでは良い読書ライフを!

 

-ツール
-, , , , ,

Copyright© スキマ時間で「耳から」インプット! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.