Bluetoothスピーカー

【裏技?】音量不足の骨伝導イヤホンの音量が小さいときにボリュームを上げる方法

骨伝導イヤホンは耳をふさがなくて長時間使っても耳が疲れないなど便利なことが多いです。

しかしひとつ弱点があって、それは

「音量が比較的小さく、騒がしい場所で使うと最大ボリュームでも聞きにくいこと」です。

骨伝導イヤホンを購入して以来、気に入って毎日使っています。

耳に入れるイヤホンと違って、ずっとつけていても耳が痛くならないし、まわりの音を遮断しないところが自分の生活にフィットして気に入っています。

ワイヤレスイヤホンとかは向かない生活環境(小さい子どもがいる)なので、家事などをしながら骨伝導イヤホンでオーディオブックとかも聞けるところが便利で重宝しています。

骨伝導イヤホンのメリット=まわりの音を遮断しなくて、かつ自分だけ聞こえる

動画などは見る時間はあまりないので、動きながら耳でインプットする「耳活」が多い生活に合っています。

なのですが、たまに音量が物足りなく感じるときがあります。

自宅で使う分にはじゅうぶんなのですが、幹線道路の近くや、駅のホームなどの比較的騒音が多い場所などではボリュームに物足りなさを感じる。

そもそも骨伝導イヤホンは騒がしい場所で使うアイテムじゃないよ?

確かにうるさい場所では、カナル型イヤホンなど耳を塞ぐタイプを使うべきなのはわかっています。

でも、ちょっとしたタイミングで「この時間だけイヤホン的な使い方がしたい」という場合があるんですよね。

今まで「静かな場所に移動するまでガマンするか」と諦めていました。

でも、良い方法を発見しました。

ずっと使えるやり方ではないですが、短期的にはじゅうぶん威力を発揮すると思います。

耳をふさぐと、音が大きく聞こえる!?

その方法とは「耳をふさぐ」です。

え?そんな原始的な方法?

と思われるかもしれませんが、効果絶大です。

骨伝導イヤホンをお持ちの方は試してもらえればわかります。

「耳を物理的にふさぐ」だけで、体感ボリュームがかなり上がることがわかると思います。

感覚的ですが、通り抜けていた音がせき止められて、より大きく反響するみたいな感覚ですかね。

とにかく、耳をふさぐことで音は大きく聞こえるようになります。

体感的には1.5倍くらいの音量に

ぼくが使っているのはAftershokzの「OPENCOMM」というモデルです。

他のメーカーや機種でも構造は同じだと思うので、同じ現象がおこるはずです。(耳をふさぐと音量が大きく聞こえる)

仮ににAfterShokzの最大ボリュームを「10」とした場合、耳を塞いだら「15」くらいに上がったように感じます。(あくまで体感値ですが)

どんなときに使える?

実際に試してもらったら、音量が上がることが実感できたと思います。

ただ、こう思われた方もいるかもしれません。

耳をふさいだら、骨伝導の意味なくない?

たしかに骨伝導イヤホンの最大のメリットは「耳を塞がないこと」。

なので、この方法はその長所を自ら打ち消している行為とも言えそうです。

耳をふさぐなら、最初からカナル型のイヤホンを使った方が早いことは認めます。

でも、一時的に音量を稼ぎたい場合などには、けっこう有効だと思います。

  • 駅のホームで電車が入ってくるときだけ聞こえない
  • 歩きながら聴いていたら、幹線道路だけ車の音がうるさい

また、オーディオブックなどで「ここだけは集中して聞きたい」というときにも使えます。

そんなときは耳をふさぐことで、ぐっと体感音量が上がって聞こえやすくなります。

指で耳の穴をふさいでもいいですが、手がつかえなくなるので不便です。(傍目にもちょっと変ですよね)

しばらく耳をふさぎたいときは、耳栓などをするのがいいと思います。

参考記事

骨伝導イヤホンとは?

骨伝導イヤホンのデメリット

骨伝導イヤホンのデメリットは?音漏れやネックスピーカーとの違いなど

「骨伝導イヤホン」についての疑問や、購入して実際に使ってみた感想など   ぶっちゃん こんな疑問や要望にお応えします。 骨伝導イヤホンを日常的に使用している立場から、特徴やデメリットについてまとめてい ...

続きを見る

OPENCOMMのレビュー記事

AfterShokz OPENCOMM レビュー。マイク性能や音の大きさなど使い心地は?

AfterShokz の「OPENCOMM」という骨伝導イヤホンを愛用しています。   充電さえ続けば1日じゅう付けていてもいいと思うくらいです。   【国内正規2年保証付き】AfterShokz O ...

続きを見る

-Bluetoothスピーカー